新着情報

めぐみほいくえんの新着情報「 第2回 気づきの時間(年長児)」です。

第2回 気づきの時間(年長児)

土曜日はお暑い中、また貴重なお休みの中たくさんの方に
保育参観・懇願会にお越しいただきました。
どうもありがとうございました!
今日は先週の木曜に行いました年長さんの気づきの様子をお知らせします。


お話を落ち着いて聞くことができています。
「園長先生のお話をよく聞いて考える」という力が
養われています。

DSC08668_R

プリントを行うときも真剣に取り組んでいます。

DSC08672_R

《本日のカリキュラム》


課題(1) 合わせた数
        ・子ども二人にコップを持ってもらう。コップにそれぞれ碁石を入れ、
         教師の持つコップに入れてもらう。
          Q:二人が持っているコップの中の碁石を一緒にすると
            合わせていくつになるか、を考える。
         その後プリントを行う。
        ・片方ずつ数を数え、その数ずつまとめる☐の中に〇を書いた後、
         合わせていくつか数えてみる。
        ・助数詞にも気をつける。

気づき_R

気づき1_R

課題(2) しりとり
        ・「しりとり」の遊び方の確認をもう一度してから、今日行う
         しりとりのやり方を話した。
        ・プリントを行う。

   

*数を「数えられる」ことと「操作できる」ことは違うので、たとえ今仮に
 1000まで言えたとしても、それが数を理解していることとイコールではないことに
 気をつけたいと思います。

*しりとりでは、例えば「いるか」の次は「かき」と「かたつむり」という
 2つの選択肢があり、その後ろに「りす」があるので「かたつむり」を選ぶ、という
 形で行っていくのは前回と同じでしたが、二択が二つ並んでいたり、三択があったりするので
 注意して行いました。

*教師の話を聞いて、それに従って作業できるということは大切ですが
 言葉の理解度には個人差があるので、全体の説明だけでは足りない部分は
 そばについて個々に一緒に行いました。



前のページへは、ブラウザの戻るボタンでお戻りください。