めぐみ保育園園歌

この園歌は、「里の秋」の作詞で高名な斎藤信夫氏、コロムビアレコード専属の童謡作曲家・足羽章氏の手により、昭和52年7月9日にできあがりました。

本園と親しい関係にあり、ことのほか愛着を感じておられた作詞の斎藤信夫氏は、この園歌の詩のもつ意義について次のように語っておられます。「めぐみ保育園のシンボルである「鳩と十字架」を重点的に歌いました。

十時と十字を関係づけ、一番では白い鳩(平和)が十字架(博愛)を見上げていることを、 二番では星(夜を守るもの・イエス様の使い)を配して、昼と夜の平和を祈念する心を表現しました。 このことを園児が理解することはむずかしいかもしれませんが、歌を覚えていれば今後の成長の過程でいつか気づいて、心の糧となってくれるはずです。」

めぐみ保育園園歌

  • 作詞 斎藤信夫
  • 作曲 足羽 章

一、

はとぽっぽ はとぽっぽ いまなんじ
はい はい 十じよ あかいじを
なかよく みあげて かわいいね
ぽっぽ ぽっぽ めぐみほいくえん

二、

はとぽっぽ はとぽっぽ いつねるの
はい はい 十じよ あおいゆめ
おほしと みながら たのしいね
ぽっぽ ぽっぽ めぐみほいくえん

シンボルマークについて

十字架を中心に真っ白な鳩が二羽、仲良く語り合う姿をシンボルマークにいただき、あふれる緑と広い庭園、 野鳥の楽園となっている薬円台公園と手をつなぐようにして幼児の楽園であるめぐみ保育園があります。 キリスト教精神を基とし、健康で明るい幼児を育てようとの目標に、全てのポストにかかわる職員一人一人が、 自覚と責任をもち、理解ある保護者とともに、気持ちをひとつにしてチームワーク良く、みんなで楽しさを 見い出す努力をしつつ、希望ある日々を過ごしています。